Happy to sell

最適な不用品回収業者を探そう|料金やサービスをしっかり比較

企業用PCの正しい処分

使えるPCは売却も可能

PC

企業パソコンを処分するときは、リースでなければ事業系ゴミとして廃棄することになります。パソコンはリサイクル法に則って処分するよう義務付けられており、購入したメーカーに依頼しても廃棄業者が引き取りに来てくれます。まだ十分に使えるパソコンであれば、パソコンリユース専門業者に買取依頼することも可能です。買取業者といっても廃棄業務も兼ねているため、廃棄処分を依頼するときにも利用できます。買取を依頼するときは、信頼できる運営会社を選びたいところです。インターネット経由で買取を頼むなら、所在地や連絡先、個人情報保護方針が明記されている会社を選びます。企業情報や顧客情報が漏れてしまっては大変なので、データ消去にどういった方式を採用しているかという点は重点的にチェックします。また、買取依頼する前に自分でもデータを完全消去しておいたほうが安心です。リサイクル法を守っている会社かは、実際には目に見えないところではあるものの、ホームページで処分の流れを説明しているところは期待できます。それから、経費を浮かすためにも買取額も注目したいところです。電話や査定フォームなどで事前に査定額を提示してくれる業者が多いので、何社かに見積もりを頼んで比較してみるといいでしょう。パソコンのメーカーや型番はもとより、リカバリCDから外箱に至るまでの付属品があるかどうかも確認されます。故障箇所がある場合でも、部品ごとにリユースできることもあるため、ジャンク品として買取可能な場合もあります。企業パソコンは家庭ゴミのように自治体では引き取れませんので、リユース・リサイクル業者に買取か処分を依頼するのが正しい方法です。

知っておきたい様々な方法

パソコン

パソコンを買い替えるときに、悩ましいのが古いパソコンの処分方法です。パソコン廃棄には、いくつかの方法があります。パソコンが古くて、買取をしてもらうことができない場合は、自治体や家電量販店の回収ボックスを利用するのがおすすめです。平成25年4月から、小型家電リサイクル法が施行され、パソコンに含まれる金属部品のリサイクルが盛んに行われるようになってきました。パソコンが正常に起動する場合には、リサイクル店などで買い取ってもらうことができる可能性もあります。同じモデルのパソコンでも、店舗によって買取の可否や買取金額が異なるので、パソコン廃棄のときに、買取を検討するのであれば、いくつかのリサイクル店の買取価格を調べることがおすすめです。中古パソコンの買取を行っている店舗では、オンライン検索でパソコンの買取価格を調べることができる場合もあります。パソコン廃棄のときに、大事なことは必要なデータを新しいパソコンなどに移し、廃棄するパソコンに保存されていたデータを復元できない形にすることが大切です。パソコン廃棄の前に初期化を行っても、専門技術があれば復元できてしまうので、データを完全に消去することが必要です。データを完全に消去するためには、パソコンのハードディスクを物理的に破壊するという方法や専用ソフトを利用するという方法があります。中古パソコンを回収している専門業者では、買取時にデータ消去をしてくれる場合もあります。

事前に確認しよう

作業員

川崎市の不用品回収業者に作業を依頼する前に、どんな品物を回収してもらえるか確認しておきましょう。不用品回収は業者によって回収できる物と回収できない物があるので、事前に確認する必要があります。冷蔵庫や洗濯機、テレビやパソコンなどの家電を始め、ベッドやソファーなど一般家庭で使われている家具家電であれば、川崎市のほとんどの業者に回収してもらえます。ただし、医療品や薬品、液体物や危険物は回収してもらえないので注意しましょう。どんな物を回収してもらえるかわからない場合は、業者に直接問い合わせて聞いておきましょう。自治体に不用品回収を依頼する場合、事前に自分でゴミを分別しておく必要がありますが、不用品回収業者に依頼すれば、業者がゴミの分別をしてくれるので手間がかかりません。回収作業当日は業者が部屋から不用品を持ち出してくれるので、女性の一人暮らしの方でも安心です。川崎市の不用品回収業者を利用するときは、事前に予約可能な日時を聞いておきましょう。自治体と違って不用品回収業者を利用する場合、依頼者が都合のいい日を指定できますが、時期や状況によって希望の日時を指定できない場合があります。春の引越しシーズンは川崎市の不用品回収業者を利用する人が多くなるため、どの業者も予約がいっぱいで回収作業を断られる場合があります。すでに引越しのスケジュールが決まっているのであれば、早めに予約を申し込んでおきましょう。