Happy to sell

最適な不用品回収業者を探そう|料金やサービスをしっかり比較

粗大ごみとして処分不可

パソコンを処分する方法

パソコン

古いパソコンを処分する際には注意が必要です。
パソコンはデスクトップ型やノート型を問わず、パソコンリサイクル法の対象となるので粗大ごみとして処分することはできません。
パソコン廃棄の手段としては、パソコンメーカーに送るのが一般的な方法で、他にも新しいパソコンを購入した店舗、不用品回収業者やリサイクルショップなどに引き取ってもらう方法もあります。
しかしどのパソコン廃棄の手段を利用するにしろ、古いパソコンを処分する前にやらなければならないことがあります。
それはパソコン内部のデータを消去するということです。
データを消去しないままパソコン廃棄してしまうと、パソコン内に残っている個人情報が漏れてしまうといったリスクも考えられるので、パソコン廃棄する前にデータの消去を行うことが大事。
しかし、ただ画面上でゴミ箱に入れて消去しただけだと完全にデータを消去したことにはならず、復元ソフトなどを使えば復元できてしまうため、専用のソフトを使って完全に消去する必要があります。
また、そういった専用ソフトがない場合は、ハードディスクに穴をあけるなど物理的にパソコンを破壊してしまうのも有効です。
パソコンメーカーにパソコン廃棄を申し込む場合は、メーカーまたはパソコン3R推進協会のインターネットサイト内の申し込み窓口で、24時間365日いつでも申し込み可能です。
対象のパソコンにPCリサイクルマークがついていれば無償での回収、ついていなければ有償での回収になります。
申し込み後に、メーカーまたはパソコン3R推進協会からエコゆうパック伝票が送られてくるので、パソコンを梱包して郵便局で手続きを行って送れば完了です。

業者に回収してもらう

メンズ

不用品を処分したい時は、自治体の粗大ごみに出す方法と不用品回収業者に依頼する方法があります。
自治体に粗大ごみとして出すとなると、かなりの手間がかかります。
例えば川崎市の場合、電話・インターネットで収集を申込み、粗大ごみ処理券を購入してから、指定された日時に回収場所まで不用品を運ばなくてはなりません。
不用品回収業者を利用すれば、そのような手間を省けます。
業者を利用するメリットについて、より詳しく説明していきます。
一つ目のメリットは、自分の都合に合わせて処分できることです。
自治体の場合、回収日が決まっているため、こちらのスケジュールに合わせて処分できません。
川崎市の回収日は、月に二回しかありません。
不用品回収業者であれば、こちらのスケジュールに合わせてくれますし、急に不用品の処分が必要になった時でも電話一本で回収に来てもらえます。
また、業者のスタッフが家の中まで不用品を取りに来てくれるので、自分で回収場所に運ぶ必要もありません。
二つ目のメリットは、自治体で回収していない不用品もまとめて回収してくれることです。
エアコン・テレビ・冷蔵庫などのリサイクル家電やパソコンは、自治体では回収していません。
それは、川崎市も同様です。
川崎市では、他にも、百キロ以上の重いもの・二メートル以上の長いものなども回収していません。
不用品回収業者に依頼すれば、リサイクル家電やパソコンなども一緒に引き取ってくれます。
三つ目のメリットは、買取可能な不用品は買い取ってもらえることです。
川崎市では、粗大ごみを出す時は、粗大ごみ処理券を購入する必要があります。
つまり、自治体に粗大ごみとして出すと、不用品の状態がよくても、処分にお金を払わなければなりません。
不用品回収業者ならば、不用品を買い取ってもらえる可能性があります。

どの業者に依頼するのか

女の人

不用品が出た場合、その処分の方法はいくつかに分かれます。
まずは自分が属する自治体の粗大ごみとして出す方法です。
栃木県では県や市のルールに従う必要がありますが、この方法だと費用がかかる上、申込をしてから引取まで日数がかかります。
これ以外ですと不用品回収業者への依頼、またはリサイクル業者に買取をお願いする方法があります。
栃木にはこのような業者が多数ありますので、まずは口コミや業者のHPを見て、間違いない所に見積もりを依頼する事が必要となります。
不用品回収の場合は、その品目によって引取料金などが決まっていますので、依頼時には型番や品目等をしっかり確認しておく事が大切です。
また不用品が大量に出た場合は、まずどの程度の量になるかを確認しておく事が重要です。
不用品回収業者は、量が多ければ回収費用が安くなる料金パックをそれぞれ掲示しています。
これはトラックや軽トラックなどに不用品を積めるだけ積み込みして費用はいくらと決まっているものです。
業者もトラック手配等があるので事前確認が必須です。
また不用品回収だけでなく買取を依頼するものもあるのであれば、買取と不用品とを分けておく事前準備も必要です。
またものによっては解体をしないと運べないものもありますので、業者依頼時に伝える必要があります。
業者に依頼する際には見積金額を比較する事も大切ですので、栃木だけでなく栃木近郊の業者を含めて見積もりを依頼し、その業者の対応等も考えて最終的に業者を選定する事が大切です。